クロレラで健康をゲット|まずは効果を知るのが先決

女の人

体の状態は血液からわかる

血液

血液検査で気になる項目

健康診断などで必ずといっていいほど行われる血液検査ですが、中には何を調べたのかわからない項目があります。基本的に診断結果には各項目についての説明が書かれていますが、コレステロールなど主だったもののみです。その中でもヘモグロビンa1cというものはあまり説明もなく、特に正常値から大きく離れているわけでもない、あまり注目されない項目です。しかしこのヘモグロビンa1cは糖尿病の疑いのある人を見つけるのに有効な検査なのです。ヘモグロビンa1cとは血液中にある赤血球のヘモグロビンがブドウ糖と結びついたもののことをいいます。その数値はヘモグロビン全体に対する割合を出したものです。この数値が高いと高血糖であるということを示しています。

数値の見方と意味

このヘモグロビンa1cは現在の状態だけではなく過去の血糖の状態も表しています。赤血球の寿命はおよそ4か月だとされています。その間体中をめぐり、血管内のブドウ糖と結びついているのです。その際余っているブドウ糖が多ければ多いほど結びつきも多く、それだけ数値も高くなります。検査結果でわかる数値は1、2か月の血糖値の平均が反映されているのです。一般的に正常値は4.3から5.8とされており、6.1以上で糖尿病の疑いありとされるそうです。昨今、重大な症状を引き起こすことがある病気として糖尿病が注目されています。食生活に気を付けていてもなかなか自制するのは難しいものです。こういった血液検査の項目と数値、正常値の基準を知っていれば、定期的な血液検査で自分の状態を把握することもでき、体の良い管理にもつながるのではないでしょうか。